坐骨神経痛|藤ヶ丘で接骨院ならエール接骨院へ 名古屋市名東区

エール接骨院

  • 0527266529
  • 10:00~12:00 / 14:00~21:00
    定休日:日曜・祝日

お役立ちコラム

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、お尻や太ももの裏、すね、ふくらはぎにかけて、鋭い痛みやしびれるような痛み、ふくらはぎの張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などの症状のことをいいます。

主な症状

・お尻から太ももやふくらはぎにかけて痛みがある

・長い時間立っていると太ももやふくらはぎが締め付けられるようなかんじがする。

・腰を反らすと下肢に痛みやしびれを感じる事がある

・おしりの痛みが強く、座り続ける事が困難

・歩くと太ももやふくらはぎまで痛みが出て歩けなくなるが、休むと歩く事ができる

このような症状が1つでもあれば坐骨神経痛の可能性があります。

 

そのほかにも

・尿失禁や頻尿など、排尿障害がある
・会陰部がしびれたり、ほてるなどの異常感覚がある

など、しびれや痛みだけでない症状もあります。

このような症状が出ている場合は、重度の腰椎疾患が疑われるので、

早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

 

原因

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)やヘルニアなどにより

坐骨神経が圧迫されること主な原因となります。

またお尻の筋肉が硬くなりすぎたのが原因となることもあります。

これらは構造上の問題により神経が圧迫されておこるものですが、

さらに掘り下げていくと前後・左右のバランスを崩した体の使い方をしていることが

原因となります。

 

当院の施術

・坐骨神経痛やヘルニアの原因となる筋肉を緩め、骨盤のゆがみを整えることで

バランスを整えていきます(全身調整)。

・痛みやしびれを手技や微弱電流治療器を使用して組織の修復や症状を緩和させます。

・痛みが再発しないように姿勢や動作のチェック・指導を行います。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る