産後の腰痛 ~原因と対策~|藤ヶ丘で接骨院ならエール接骨院へ 名古屋市名東区

エール接骨院

  • 0527266529
  • 10:00~12:00 / 14:00~21:00
    定休日:日曜・祝日

お役立ちコラム

産後の腰痛 ~原因と対策~

産後の腰痛 ~原因と対策~

産後の腰痛は、多くの方が悩まれたことがあるのではないでしょうか。

特に、もともと腰痛をお持ちの方や、2人目、3人目の出産をされている方などは、

産後に腰痛がひどくなる方が多いようです。

育児に追われ、自分の腰痛対策がなかなかできず、腰痛が慢性化している方もいます。

今回は、産後におこりやすい腰痛の原因と対策についてお話しします。

 

産後の腰痛の原因

妊娠中からの影響

妊娠中は、赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように、妊娠初期からホルモンの影響で

骨盤や筋肉、関節が緩んだ状態になっています。

また、大きくせり出したお腹を支えるために、反り腰の状態になり、

腰や背中に負担がかかった状態になっています。

これらの原因で、妊娠中に腰痛を訴える方が多いのですが、

妊娠中に受けた腰への負担は、産後すぐに治るわけではありません。

赤ちゃんを産んだ後も、きちんとケアしないと妊娠中からの

腰痛を長引かせてしまうのです。

 

分娩時の影響

分娩中は約3kgの赤ちゃんの体に合わせて、

骨盤やじん帯、関節がさらに開いて分娩に対応します。

赤ちゃんの大きさと妊婦さんの骨盤の大きさのバランスが悪いと、

負担がさらに大きくなり、骨盤が歪んで開いてしまうこともあります。

分娩直後にすぐに立つなど腰に負担をかけてしまうと、

腰痛が悪化してしまう可能性もあります。

 

育児の影響

育児中は忙しくて妊娠中や分娩中に負担がかかった腰を休ませる時間がなく

腰痛を悪化させてしまう方が多いです。

特に産褥期といわれる産後1ヶ月にしっかり休めなかったり

上の子の面倒も見ているなどという場合はさらに腰痛を慢性化させることがあります。

 

産後の腰痛対策

骨盤ベルトの活用し、動きすぎない

妊娠中に緩んだ関節やじん帯は産後すぐに戻るわけではありません。

元に戻るまで最低でも3ヶ月はかかるので、その間は姿勢や動きすぎに注意が必要です。

腰をかがめて物を持ち上げたり、寝た状態から一気に起き上がったり

腰に負担をかけるような動きもよくありません。

また、座るときは、椅子に座るときは深く腰掛けて座る。

床に座るときはクッションをお尻の下に入れるなどの対策をしてください。

産後3ヶ月、骨盤が安定するまでは骨盤ベルトをつけてあまり動きすぎないようにしましょう。

骨盤が緩んでいる間に動きすぎると歪んだままで固まってしまう場合があります。

 

骨盤ベルトを巻く位置ですが、よく下図の右側の位置に巻く人がいますが、

これだと骨盤の下の部分が開いてしまい腰痛を悪化させてしまいます。

ですので、骨盤ベルトを巻く時は下図の左のように足の付け根部分に

恥骨を閉じるように巻いてください。

最初は「こんな低い位置なの?」と思われるかもしれませんが慣れるようにしてください。

骨盤体操、腹筋を鍛える

産後すぐからできる骨盤体操は「産褥体操」です。

産後の腰痛が改善してきたら今度は再び腰痛がおこらないように

腹筋を鍛えて妊娠中や分娩中にゆるんだ筋肉を元に戻します。

 

【腰痛予防の腹筋の方法】

  1. 膝をついて四つんばいになる
  2. 右手を肩より上にして、前に伸ばす
  3. 左足をお尻より上にして、後ろに伸ばす
  4. 2と3の姿勢を30秒キープする
  5. 両手足を変えて同じようにする6.
  6. 両手足を1セットとして3セットおこないます。

 

 

産後は無理をしないこと

産後はどうしても無理をしてしまいがちです。            

腰痛もひどければ安静にすると思いますが、

日によって楽な日があると病院へ行かず無理をしてしまう人も多いです。

でも、産後に無理をすると更年期になってから腰痛が悪化したり、

次の子の妊娠時には早期から腰痛が出たりします。

家族のためにも自分のためにも産後はスローペースで

十分に休息を取ることを心がけましょう。

ページトップへ戻る